不動産担保ローンの審査とは

不動産担保ローンを利用するためには、カードローンやキャッシングサービスを利用するときと同様、必ず金融会社が行う審査に通過しなければなりません。

では、不動産担保ローンの審査では具体的にどのようなことがされるのでしょうか。

ここでは、不動産担保ローンの審査についてご紹介させていただきます。

不動産担保ローンの審査ではまず、担保となる不動産の価値が調査されます。

担保として提供される不動産は万が一支払いができなくなった場合に支払いの代わりとして提供されるものであるため、金融会社としてはその不動産の評価額はもちろん、現在他に担保が設定されているか、抵当権設定者がいるかということについても詳細に確認をします。

不動産担保ローンの審査に当たってはこの他にも、契約者の信用状況についての調査が行われます。

いくら担保として不動産を提供しているとはいえ当面の返済をしていくのはその契約者であるため、契約者の信用状況を調査するというのは当然ですよね。

契約者の勤務先や年収、年齢、雇用形態等はもちろん、過去に支払いを焦げ付かせたり債務整理・自己破産をしたりした経歴はないかということなどについて調査がなされます。

そして上記の調査の結果、融資をしてもきちんと返済をしてもらうことができると判断された場合には、審査を通過し、融資をしてもらうことができるというわけです。

これに対して不動産や契約者自身の信用状況に何らかの問題がある場合、融資をしてもらえなくなってしまいます。

気になるサイト⇒母親が私の家を担保にして借金しようとしています : 家族・友人・人間関係 : 発言小町